岐阜県

名前:白川(しらかわ)
性別:男
年齢:外見は10代後半~20代くらい(適当)
出身:岐阜
訛り度:★★☆☆☆ だと思ってる

<どうでもいいネタ>

・知人?にウナギと河童が融合したピンクの生物がいる。
・ご近所さんには青いコアラもいるよ!
・最近狼が増えた。
・幼少期は口裂け女に怯えていた、アイスに醤油をかける男。


性格は保守的で実直。
よく言えば真面目、悪く言えば頑固で自己中心的。
余所者には中々心を開けず、冷たいと思われることもしばしば(輪中根性というらしい)
(オボン太さん作成)




長野県

冬馬(とうま)

ドS
論理的でまじめで優しくてドSなお兄さん
相手を言葉攻めするのが大好きだったりする。
例えノーマルな相手でもMにしてしまう技の持ち主。
限度は割と知っているので相手の限界ギリギリを見極めていじめる。
一見柔らかい人に見える。
↑それは飴と鞭を使いこなしているのである
(浮草堂作成)


新潟県

忍耐と辛抱の女。手間暇と愛情をかけすぎてとんでもないデブ猫を作るタイプ。
東京には非常に憧れている。
どこにも属していない地方の自覚はあるが、東北だけは違うと思っている。
日本酒党上杉謙信派。
(浮草堂作成)


山梨県

人見知りでお金にシビアな体育会系。人は石垣、人は城。
静岡と富士山を取り合っている。
関東に入れるんじゃないか? という期待をたまに持つも、関東に恐れ多い気になってしまう。
葡萄酒党武田信玄派
(浮草堂作成)



富山県

地味な事は知っている……・しかし住みやすいと思うぞ! と心で主張。
ちょくちょくダークサイドに落ちる。
石川のフォロー役が染みついてしまっている。
非常に勉強家。秀才タイプ。
(浮草堂作成)


石川県

絢爛豪華が大好きな文化人。うらが北陸で一番の県! と真顔で主張。
快楽主義者でお坊ちゃん気質。
その癖保守的。
新しいもの好きの保守的。
(浮草堂作成)



福井県

透子(とうこ)
眼鏡っこクーデレ
忠秋のヤンデレをスルーできる強さの持ち主。
標準語っぽい喋り方
↑を真似して忠秋は九州弁をやめた。
眼鏡がないと何も見えないが、蜃気楼だけは見える。
(浮草堂作成)


愛知県

哲(てつ)
オールバックのやたらとダンディなおじさま。
見栄っ張りで何かと格好つける。
しかし日本の産業を支えている実績があるので、それが様になっている。
何でも人並みに済まそうとするが、あふれ出るダンディさでめっさ目立つ。
冒険はしない主義。何でも地道に地道に。
ブランドが大好き。
「さっきからずっと黙っとる? 口だけ達者な男が好きか?」(バーボンを傾けながら)
(浮草堂作成)



静岡県

しずか
とにかく巨乳。
吃驚するほどのスタイルの良さに、吃驚するほどの子供っぽさ。
何かしら手を付けては、良い結果がでた途端に飽きていく。
サッカーが大好き。プラモデルも大好き。
のんきな県と云えば彼女だと言っていい。
のんびりとお茶を作って暮らしている。
(浮草堂作成)



三重県(特例で三人)

乙雨(おつう)
日本で雨が多い都市と言われていた尾鷲市の擬人化さん。最近抜かされた← 頭には市の花のヤブツバキと相棒は市の鳥アオサギのサキちゃん 手には普通の傘とはちょっと違う尾鷲傘をもっています 江戸時代は林業の町とか言われていた…らしい(アバウトー!! 尾鷲檜は天皇様のおもちゃにも使われているんですよ ぶっちゃけあれです。他の三重都市の中で発展が遅い 最近マクドナルドができて、ご満足です
林業も盛んだけれど、漁業もそれなりに盛んです
性格はとにかく働くことが好きで最近発明も熱心(海洋深層水とか発明したよ) でも基本のんびり。よいこともなくわるいこともないから穏やかに過ごしてるよ毎日 歴史とかあんまり聞かない。他のところは聞くけど コンビニはあるんですが可哀相なことに汽車があまり来ません ここで電車というと「ここに電車はないでー」とからかわれますからね← 汽車です、しかし一時間に一本、最低で3時間に一本と少ない 隣の町も結構なたんぼだらけです 他のお兄さんやお姉さん(もとい他の都市)はちゃんと尊敬してます!むしろ家族は好き! にぱーて笑う! ちなみにこんな感じでしゃべります 檜「うちの名前は乙雨やで、趣味はのんびりしたりー…漁業とか農業とかー…好きやなぁ…あと美味しいもんとかー…あーもう汽車の時間やから行くわー…それじゃーねー(にぱー」 ちなみに尾鷲やその周辺の町だと各駅停車を汽車といいます (篠裡愛里さん作成)

希乃(キノ)
三重県紀北町
・見た目2~3歳
・まだちっちゃい男の子(合併して最近できたばっかりだから)
・人見知りな為にあんまり喋らない。
・もしくは乙雨の後ろに隠れる
・抱っこされるのが好き
・慣れたら人懐っこいから懐くと後ろついてくる
・けどやっぱりあんまり喋らない←
・動物でいうひよこ←
・たまにこける

・町の鳥はスズメ、花はササユリ魚はマンボウらしい
・周りが山だらけののどかな町
・熊野古道の峠いっぱい、峠越えたら乙雨(尾鷲市)に行ける
・あと童話がある(種蒔き権兵衛って言う)
・無人駅が多い

乙雨「キノちゃん挨拶しやなあかんでー」
希乃「……きのっていうん…っ
めーさんひん…は…うみのかきと、かつおぶしと、くきづけと、みかんと、ひもの
…まだちいしゃ…っちいさいんやけど、なかよくして…ください…(お辞儀」
乙雨「キノちゃんもうちょっと頑張らなあかんで?」
希乃「…………(こくこくっ」
乙雨「もー人見知りなんやからー」
希乃「だって…おっきいひとらぁ…あばばい(眩しい)んやもん…っ…うちにはあばばいで…(びくびく」

※わりとキノは乙雨だと喋るのは多分お姉ちゃんみたいな感じで見てるからです← (篠裡愛里さん作成)

天海(アマミ)(普段「三重」と呼ばれるのは彼女。

・見た目は22、23歳くらい
・三重県擬人化さん
・いいお母さんみたいな性格で誰に対してもニコニコ
・おしどり夫婦が一番多い県なので天海母さん良妻タイプ
・割と物知りさん。機械には強い方
・昔は和歌山さんと一緒だったけど今はいいご近所さん
・希乃も乙雨も天海をお母さん扱いで「お母さん」と呼ばれてる
・宮城さんとキャッチコピーでもめたけどまぁ今は気にしてない
・昔忍者でした←
・電化製品やサーキット、遊園地みたいに楽しめる場所大好き

(篠裡愛里さん作成)