29―残り滓


「フォンティーヌ公からの伝令! エレオノール様、ジルベール、ジャンヌ、共に死亡を確認!」
「右翼左翼! 防衛線突破されました!」
「第二軍、もうもちません! フランス万歳! アデュワ!」
 伝令がひっきりなしに駆け巡る。
 砂塵と騎兵に茶色く染まった地は血に染まる。
 騎馬の上のハインリヒは通信機に向かい叫んだ。
「姉さん! 今だ!」
 WOWOWOWOWOW----!
 フランス軍が恐れていたものは3つ。
 エレオノールの死亡。
 この内2つは既に起きている。
 ジルベール、もしくはジャンヌの不着。
 最後は、『罪の咆哮』。
 狼女と化したクリスティーナの咆哮により、ドイツ騎士団の筋肉が急速に盛り上がった。そしてはちきれんばかりに増強した肉体には、獣の毛が生え、口からは牙が覗いている。
 ハインリヒは銃が軽くなったことを理解した。
「各自、下馬し、機関砲を撃て! 剣士部隊は前方を中央突破! 日本武士と合流せよ!」
 中央突破というのは、両翼の敵を完璧に倒せる自信がある場合にのみ使用する。
 そして、『罪の咆哮』により増強したドイツ騎士団によればそれは可能!
 両翼に機関砲を「持ちながら走って」撃ちまくれば良い!
 日本武士団とドイツ騎士団の間から、2時間後、大声が上がった。
「フランス軍総崩れ! 戦勝は確定なり!」

「COOL! 勝ったってさ」
 エミリーがようやく瓦礫から発掘した通信機を片手に笑いかける。
 しかし、反応はイマイチだった。
「重畳重畳」
 そのリアクションは予想していたので、エミリーも空元気をやめて肩を竦める。
「ジャック、勝ったってのにその仏頂面は良くねえな。実に良くねえ。もっと、ハイになろうぜ」
 ジャックは残されたシーツを見つめた。
 そこには血痕だけが残っていた。
「すまない……。あまり喜ぶのは慣れていないんだ……」
 亡骸は既に運ばれていった。
 死亡確認は、わざと漏らした無線だった。それは、実に効果的に、フランス兵の心を折った。
 届くと思っていた大砲が木端微塵になった絶望の中、更に人狼の群れと云う人間離れした存在が心を丹念に磨り潰した。
「とと帰るよ。いつまでもこんな寒い所にいられないね。女が体を冷やす、とてもよくない」
 紅玉が荷物を纏めはじめる。と、言っても、持ちこんだ調理器具等はほぼ無惨に破壊されていて、軽くため息をついて椀の欠片を投げ捨てた。
「今度からプラスチック持って来いよ」
「あれは熱が伝わってあちちよ」
 そこまでは普通の会話だった。
 次の瞬間、二人の腕が見事にジャックにヘッドロックを決めた。
「うぐう!?」
「ちょいツラ貸すよろしよ」
「なあに、そんなに時間は取らせねえさ」
 凶悪な笑みを浮かべる二人は、頷くまで首を締め上げ続ける。バンバンと腕を叩いて、ようやく承知の意を示す。
 するとエミリーは重たげに依子のBARを投げ渡した。
「!?」
 その重量に思わずつんのめるのを笑い合われる。
「情けないあるー。依子はそれ片手で持てるよー」
「仕方ねえさ。ヤマトナデシコは強いモンなんだろ? イギリス野郎が敵うかよ」
「も、持てない事は無い」
 笑い声が酷くなった。
「バカだろ、お前バカだろ」
「それは地面に固定して使うものよー。普通そんなん手に持って使わないある」
 完全にバカにされている空気に不快さと戸惑いを覚えると、エミリーは笑いながら言った。
「ファイア!」
「?」
「撃てっつってんだよ」
 それは理解できる。だが、何に?
「何処でもいいさ。あたし達に当たらなければね」
「それは大丈夫か。我上手く避けられないよ」
 仕方ない、と重たい銃を無理やり持ち上げ、空に向かって撃ってみた。
 ドガガガッ
 ジャックは実は銃を撃ったことが無い。それを言い訳にするようだが、反動で見事に尻餅をつき、BARは軽く吹っ飛んでからからと地面を回った。ただ、付けられていたアニメのストラップが恨めし気にこちらを見た。
「それ、使いにくいだろ? それが使えるなら、他のもっと使いやすい武器だって使えるだろ?」
「でも、依子はそれ以外使わないよー。言い分がまた面白いよ。「せつないから」あるよ」
 ジャックの脳裏に、銃を構える依子が浮かんだ。
「『これだけの装填数くらいの、使いにくい銃でないと、殺した相手を覚えられないんです』」
「『殺された時に、殺した相手に人を殺した感触が無いなんて、せつないではありませんか』」
「「はははははっ」」
 笑いあう二人に、BARをぐっと突き出して見せた。
「渡しに行っていいか?」
「良いかっていうか、そんなん持って行け言われても御免よー」
「さっさと行けよ。直に土砂降りだ」
 ジャックは前のめりに駆けた。

 和服の袴姿の少女が、川の傍に佇んでいた。
 川と云うより用水路。むしろドブに近い。
 水面に顔を映す事もなく、依子は佇んでいた。
 そして、深々と頭を下げた。
「失礼を致しました。すぐに戻ります故、お気になさらず、お先にお帰り下さいませ」
「いや……」
 ジャックは暫し視線を後頭部から離せなかった。
「君の死因は?」
 ピシリ、と空気が張りつめた。
「お聞きになりたいですか?」
 たじろぐことなく、ジャックは問うた。
「聞きたい」
 そっと依子は頭を上げた。
「私が死んだのは、大東亜戦争でサイパン島玉砕の折、身投げをしたからです。私達は、アジアの平穏を西洋列強から守るのだと戦って来ました。シナは我々の守るべきものだと、朝鮮は我々の守るべきものだと、信じて戦ってきました。そして私達は降伏を拒み、日本人らしく死を選びました。いいえ、一人、身投げできなかった方がおられます。私達の村に逃げ込んでこられた兵隊さん。目玉が無くなって、全部蛆の巣になっておられました。取っても取っても蛆が湧いて、その内に息をしなくなられました。その躯を置いて、私も、家族も海に身を投じました。嗚呼、武器があれば、戦力があれば、と辛い思いで。そして、ヴァルハラに参りました私に敗戦の報が届きました。シナも朝鮮も侵略してきた私どもの祖国より解放されて大喜び、満州の兵は次々に捕えられてシベリヤに送られ、我が国は米国の属国となりました。シナも朝鮮も我が国をそれから恨み続け、我が国は未だに碌に世界に物も言えません。ヴァルハラにおいて、ようやく私は……真実を悟りました」
 その正面に、ジャックはBARを出した。重みで右半身がよろけた。
「君にはもう、正義なんてほとんど残っていない。……だが、これがその正義の残り滓だ。如何か、その残り滓だけは、捨てないでほしい」
 依子は微笑んだ。その黒い瞳から、一筋、水が流れた。
「あの花畑はね、人を3人葬るのにぴったりな、小さな丘があるのです。偶然、ってあるんですね」