3―今こそ滅私奉公の時


 『臨時休業』がかかったドアを眺めて、アンドレアは葉巻を灰皿に押し潰した。
「おいサム」
 エスプレッソを淹れてきたサマンサがルージュの塗られた唇で返す。
「何かしら?」
「本当に小娘どもだけで行かせて大丈夫だったのか?」
 コトリ、とアンドレアが背を預けたカウンターにカップが置かれる。
「ふふ、私、貴女のそういう意外と母性的なトコロ、好きよ」
「NoNoNo!」
 顎に手を伸ばして、耳元でに囁かれたのを必死で払いのける。密着して軽く潰れていた胸が離れると、「何しやがんだ!」と怒鳴った。
「いいじゃない」
「何が良いんだ! 何一つ良くねえよ! 真面目に聞け! あの海域はなあ!」
「そうねえ・・・」
 サマンサは軽く頬に手を当てる。
「でも、貴女が行ったら真っ赤なカーニバルになってしまうわ。あの子たちくらいが適任じゃないかしら」
「真っ赤な・・・な」
 呟きながらエスプレッソを口にした。苦い。

 海図を見ながら紅玉がポリポリと頬を掻いた。
「此処で合ってるか?」
「合ってるつってんだろうが」
 ダイビングスーツを着込んだエミリーは、乱暴に返す。
「海に関してはエミリーが達人です。お任せしましょう」
 そう、此処まで小型の漁船を運転してきたのもエミリーだ。
「お前が浮かんでこないと我達も陸に帰れないある。気を付けるよろし」
「前置きいらねえよ」
 ボンベを背負うと、依子も軽く眉を寄せて「お気をつけて」と言った。
 軽く親指を立てて、海に飛び込む。
「やれやれ、日焼けするし揺れるしロクな事ないね」
 日焼け止めを塗りなおす紅玉に、水筒の麦茶を差し出す。
「私は少し楽しいです。船に乗れる機会なんてめったにありませんから」
 紅玉はため息を吐いたが、「お前が楽しいんなら上等ある」と言った。
 波飛沫がきらきらと碧い海に光る。
 海猫がミャアミャアと鳴く。
「本当に・・・綺麗」
「あんまり日向に出ると熱中症なるあるよ」
 和服娘に声をかけるが、「船が見えますー!」とはしゃいだ声が返ってきたので諦めた。
「漁船あるか?」
 船室から出ていく。その表情はすぐに強張った。
「引っ込むね! 巡視船ある!」
 慌てて、船室に飛び込むと、無線を手に取る。
 すぐに雑音交じりの通信が入った。
「CQCQ・・・貴船の所属と・・・ザザ・・・目的を問う」
 紅玉は早口に伝える。
「当船は商店ヘヴンズ・ドアーの個人船だ。この付近で行方不明になった当商店所属の船を探している」
 船の外で水音がする。
「エミリー、無事でしたか!」
 シュノーケルとボンベを外すと、エミリーは叫んだ。
「くっそ、有り得ねえ!」
 水中カメラを依子に押し付ける。
「あのイタリア野郎の船」
 無線機は語る。
「当方はソビエト連邦の巡視船だ。こちらの領海で得た情報を提供する」
 エミリーは叫ぶ。無線機は語る。
「沈んでやがった!」
「そんな船は来ていない」
 紅玉は静かに目を閉じる。
「了解。情報提供感謝する」
 エミリーが無線機を奪おうとするも、紅玉は通信を切る。
「おい! どうしたんだよ! 船は沈んでたって言っただろうが! その写真だってバッチリ撮ってるんだぜ!?」
 紅玉は冷静な声を返す。
「分からないあるか? 船が沈んでいるにも関わらず、奴らはそんな船は来ていないと言って来たね。何故、船が沈んでるか、此処まで分かり易い事もないある」
 双眼鏡を覗いていた依子が、巡視船の窓の向こうに見た人影を見て言葉を漏らす。
「大尉(カピターン)・・・」
「知ってる顔か?」
 双眼鏡を覗きながら、依子は叫ぶ。
「自信はありませんが、スチールブルーの陸軍軍服、あの方には見覚えが! 名前も何も分かりませんけれど、お兄様ならご存知かと!」
 波音で声を消されながらも確認するのを、紅玉は引っ張り込んだ。
「エミリー、早く船を出すある! あのイタリア男の二の舞になりたいか!」
 エンジン音を立て、船は唸りを上げて海上を逃げ去る。
 赤い旗が嘲るかのようにそれを見送った。