47―美しき双子


 洞窟に入って10メートル。照らすライト。それでもほの暗いトンネル。しかし、アスファルトで舗装された道。
 二つに別れた道。右はカナダ、左はアメリカ。その両方の案内の表記に描かれた、上半身裸のブロンド女は、印刷の中で笑顔を見せる。
「どっちに行く?」
 ジャックが問う。ロンドンにも治安の悪いところはあるが、ここはまさにその雰囲気を醸し出している。別段ただの地下通路で、何があるという訳でもないのだが。
 あえて言うなら空気だ。発展した活気ある都会に、必ずある、吹き溜まり。バーバリーのコートを着てヴィトンのバックを持った人々の、そのツケを回された場所。
 その澱んだ空気が、この地下通路には満ちている。
「そうあるな」
 紅玉が言いかけた瞬間だった。
 人の話し声がした。
 全員が武器を構える。
 一人、二人ではない。多数。
 足音もした。軍隊の更新のようなそれではなく、乱闘寸前の暴徒のような足音。
「……アンダーグラウンドの連中か」
 返事をするように、彼らは姿を見せた。
 全員が、ジャケットに、帽子に、バンダナに、黒を身に纏っている。
「Hi?」
 エミリーが銃を両手に、話しかける。
 戦闘が始まることを期待した緊張を、表情に浮かべたエミリーとは逆に、連中はにやにやと笑う。
 ただ、その姿は、共通点があった。
 先ほど真っ二つになった男のように、120センチほどの身長の小柄な者。腕の片方が欠損している者。全身にひび割れが走り、鱗のようになっている者、片目に眼帯を付けている者、鼻がなく、顔の真ん中に穴が空いているだけの者―。
 全員がそういった特徴を備えていた。
 その男達の列が、いきなり割れた。
 また、男が二人、現れた。
 その男達は、周囲のストリートギャングとは違うことが、一瞬で分かった。
 まるで俳優のようなきびきびした歩き方。
 ゆるくウェーブした金髪。
 陶器のような白い肌。
 人間離れした美男子だ。
 だが、美しいことが想像できる瞳は、黒いゴーグルで隠されている。それでも、100点以上の顔だ。
 その美貌が全く同じ人間が、全く同じ上品な趣味の黒いコートを着込んでいる。
「双子か?」
 同じ姿だが、表情は違う。
 にこにこと人好きのする笑顔の方と、気だるげな色香を放つ無愛想な表情の方。無愛想な方は、煙草を銜えている。
 笑顔の方は答えた。
「そうだよ。僕は弟の、アダム・トンプソン。初めまして。仲良くしてくれると嬉しいな」
 カリフォルニア訛りがあるが、知的な話し方、この自己紹介を聞いて、好感を持たない女はいないだろう。―彼女らを除いては。
 ついで、無愛想な方が煙草を携帯灰皿に揉み消す。
「私はダニエル・トンプソンと申します。この男の兄にあたります」
 理解した。この次の自己紹介は想像ができた。英語の分からない依子に雰囲気でもわかった。
 ダニエルが使うのは、アッパークラスの英語だ。
 それを知りながらの自己紹介は続いた。
 知的なカリフォルニア訛りと、上品なアッパークラスの英語は、交互に紡がれる。
「僕たちは通称トンプソン兄弟。このアンダーグラウンドの最高責任者をやらせてもらってるんだ」
「本日は、招待に応じて頂き、真にありがとうございます。恐悦至極にございます」
「招待された覚えないね。”呼び出された”覚えはあるが」
 紅玉の言葉には答えない。
「ルールの方は聞いてくれたかな? うん、良かった。分かってくれたみたいだね。吃驚させてしまった事は謝るよ。ごめんね」
「私共も精一杯おもてなしさせて頂きますので、どうぞ心行くまでご堪能くださいませ」
「いらねえんだよ。そういうのは」
 エミリーの言葉も無視された。
 そこで気づいた。
 無視ではない。聞こえていないのだ。
 とっさに彼らの耳を見た。
 危険に気付いた。
 その時にはもう遅かった。
 耳栓とゴーグルをした双子は、スタングレネードを同時にこちらに投げた。
 すさまじい閃光。
 そして爆音。
 スタングレネードは閃光弾と和訳される。100万カンデラを超えて、一時的な失明と眩暈を敵に起こさせる猛烈な光。そして、飛行機の間近のエンジン音をはるかに超える大音量。それを発生させる手榴弾の一種だ。爆発の衝撃で死ぬことはないが、行動は確実に不能になる。ゴーグルと耳栓をしていない限りは。
 倒れなかったのは、単に彼女らの踏んだ場数だ。
 ヴァルハラの戦士の中では少ないそれも、現世では戦闘狂と呼ばれる数の戦いをこなした。
 それでも、膝をつくことを止められなかった。
 ジャックもそうだった。
 人間ではない彼の与えられた体も、至近距離で食らった2発のスタングレネードには耐えられない。
 暫く時間が経って、最初に声を発したのは依子だった。
「あの人たちは!?」
 答えは明白。
 何故なら、全員、怪我をしていない。
「……逃げたな」
 思わずの質問にあえて答える。依子は悔しげに歯を食いしばる。
「まあ、先に進めばいるのは分かってんだ。気楽に行こう」
 エミリーが頭をかく。この場合の気楽は、だらだらとリラックスするという意味ではないの。誰にでも分かる。
「どちらに行く? アメリカか? カナダか?」
「10キロじゃどっちも国境までは着かないし、何より、ここ来たの初めてね」
 紅玉が立ち上がった。
「最高に少ない判断材料だと、エミリーがアメリカ人で、共通点があるよ。エミリー、我とアメリカ方面行くね。依子とジャックもそれでいいか?」
「OK」
「ああ……」
「はい。構いません」
 その時、エミリーの顔にようやく笑みが浮かんだ。
「じゃあ、合言葉を言っとくか」
 そんなもの決めていない。だが、全員が分かる。
「黒は殺せ」
「OK! Let's Go!」
 薄白いライトは、二手に分かれる4人を映し出して、チカチカと光った。