62―斬りおとしたはずの錠剤


 意識は度々混濁する。
 ロビンはもう、自分が何をしているのかもよく分からない。
 深淵の中走り抜けているけれど、あのヘヴンズ・ドアーの店員共が度々点滅する。
 点滅する度に何かしら攻撃を加えているのに、あいつらは生きている。
 愛しい兄は死んだというのに!
 なんとしても殺さねば。
 何故なんとしても殺さねばならないのかも分からない。
 砕け散った左手の指輪を見る度、何か思い出すような気もするが、兄の笑顔がその前に浮かび、それがまた粉々に砕け散る。
 砕け散ったものは錠剤に変わり、ロビンをそれを口にする。
 アムステルダムの路地裏の味がする。
 昏い昏い味がする。
 しかし、暗闇が無ければ光は無い。
 この暗闇を抜ければ、光があるはずだ。
 また兄が点滅する。
『あれえ? 君、女の子じゃない』
『名前は? ロビン? へえ、男の子だっていうから、あの貴族の家に帰そうとしたのになあ』
『そんなに警戒しないしない。妾腹故に大商人との婚姻での権力を持つことを防いだ、とかそういったとこでしょ。違ってもいいよ。結果は同じだ』
『うちにおいでよ。僕は男の子を探し出せって言われたんだ。女の子ならこの約束は反故だ』
『あ、あとさあ、できればなんだけど』
『止血してくれない?』
 ロビンの周りを、出会ったときに斬りおとした兄の左腕が這いまわる。
「兄様!」
 慌ててその手を握った時、左腕はぼろり、と崩れて骨になった。
「ああ、あああああああ!」
 光はもう無いのだ。
 ただ、ただ、あの店員達を殺すのだ。
 何で? と骨が最期に聞いた。
「兄様が、好きだから」
「あらー、良いですねえ。お兄ちゃんもそんなに好かれるとお喜びでしょう」
「!?」
 いつの間にか、深淵を抜けていた。
 ロビンの視力はまだ周囲をはっきり認識できていない。
 ただ、何か白いものに包まれている。
「兄様のジャケット?」
 いや、それは自分が着ている筈だ。
「ああ、これは白衣でござります」
 周囲がはっきり見えてきた。
 アンダーグラウンドの抜け穴。
 小柄な少女一人がやっと通り抜けれる小さな穴。
 いつの間に潜り抜けたのだろう。ただ、爪ははがれ、多数の擦り傷が出来ている。
 周囲には、楓の木々。
 小さく咲く花。
 木々の下に落ちる、光。
 そして、ロビンを抱きしめる、細い男性。
「それにしても、痛いでしょう。病院に行きましょう。お薬付けないと治るまで長いですよ」
 男性は、白に近い金髪に青白い肌。
 そして、眼鏡の奥に
全てを憎んで憎んで憎みぬいて、憎みすぎてもう憎しみすらも忘れてしまった瞳。
 黒い瞳ではない。鳶色の瞳なのに
これ以上の闇を見た事がない。
 彼は、笑っている。
 心から。
「爪の傷は黴菌が入りやすいのですよ。今、お薬を持っていませんが、病院にはたくさんありますから。ちょっとしみますけど、安心してくださいね。わたくし、お医者さんですから」
 お医者さん……。
『止血したら、まずは病院に付き合って』
 左腕を失くしたのに笑う兄。
 兄となってくれた人。
 それが耳元で囁いた。
『ロビン、悪さしちゃダメだよ』
「わああああん」
 白衣にしがみつき、ロビンは泣き叫んだ。
「あらあら、泣き虫さんのお嬢様ですねえ」
 その頭を優しく撫でられる。
 ロビンは叫ぶ。
「兄様を、兄様を治してえ! 兄様が死んじゃった! 兄様を! 兄様を!」
 泣き叫ぶ。
 それが白衣の下の黒いシャツにぎゅっと押し付けられた。
「お兄様はいつ亡くなったのですか? 今日中?」
 ロビンはぐるぐると曖昧になっている記憶から、リンゴを落とす。
「今朝! 今朝死んじゃったんです! 兄様! 大事な兄様! 大好きな兄様!」
「あ、じゃあ治します」
 至極、あっさりと男は答えた。
「治しますから、お兄様を連れて来てください。ご遺体を」
「治して……くれるの?」
 しゃくり上げるロビンの顔はぐちゃぐちゃだ。その頬を撫でて、また男は笑顔で言う。
「ええ」
 その時、声が響いた。
「ケネス! そのミニサイズから離れなさい!」
 銃を構えるのは、ダニエル・トンプソン。
 楓の木がから、葉が落ちた。
「ダニエル様」
「ダニエル……?」
 誰だったろうか。
 ああ、ヘヴンズ・ドアーの店員共と一緒に居た双子だ。
 銃の柄に薔薇が細工してあるのを、どこかぽかんとロビンは見ていた。
「ダニエル様!」
 後ろから、アダムや依子をおぶったジャックなど、ヘヴンズ・ドアーの店員達が駆けてくる。
「ダニエル! 居たの!?」
「ええ……ヴィンセントの蘇生には簡単な事となりましたが……」
 狙いは外れない。
「そのミニサイズには落とし前はつけて頂かなくては……!」
「ダニエル様!」
「ケネス、貴方も知っているでしょう。ストリートギャング流のやり方を」
 ジャックの背の上でも、静かに殺気が迸る。
「そんな事を言っているのではありません!」
 医者は、ダニエルを指さし、至極当然のように、びしっと指さした。
「小さい子をいじめてはなりません! めっでござります!」
「は……?」
 ダニエルの銃口が下がった。眉も下がった。