あなたの撃鉄は起こせますか



 銃で撃ち殺されたら、アメリカンカントリーの店にいた。
 そこは木製の棚に、ぬいぐるみやティーセット、オルゴールが並ぶ店で、オレンジ色の光が店を暖かく照らしている。
 ルーカスには戸惑い以外の何も無かった。
 こんな店は二十四年の彼の人生で、入ったことなど一度も無かったし、入ろうと思ったことも無かった。たまにいた女は入りたかったかもしれないが、連れて行ってやれる甲斐性なども存在しなかった。
 それより、何より。
 自分は殺されたはずだ。
 目の前で警官が自分を撃った事。腹部に入り込む、焼けつくような痛み。徐々に遠くなっていく意識。それらをはっきりと覚えている。
 それが何故、女子供向けの店にいる?
 何故シャツをめくりあげても、傷一つない?
 答えは出ない。
 しかし、店員は出てきた。
 白人の少女―十六、七くらいの赤毛に緑の瞳。こういった店らしい、シンプルなコットンのエプロンをしている。
 それから、同じエプロンをした東洋人の少女が二人。年齢は人種のため分からないが、チャイナ服と着物を着ていることから考えて、中国人と日本人だろうと思う。ルーカスの知識は浅い。
「あいや、早かったあるな。」
 チャイナ服の少女が、猫のようにこちらを見上げてきた。黒髪をレザーに切りそろえ、赤い薔薇と真珠の髪飾りをしている。
「新聞にはもう載ったじゃねえか」
 白人の少女の言葉にはっとする。
「新聞……」
 言葉を詰まらせるルーカスに、着物の少女が穏やかに話しかけた。
 初めは皆さん、驚かれるんです。ですが、こちらにいらしたという事は、もうどうしようもない事実。焦らず、ゆっくり受け入れてくだい」
 にこやかなその笑顔に、白人の少女が遮りを入れる。
「いいや、Halley! Halley! だよ。いいか、これを見ろ。マーケットに強盗に入ったルーカス・ハンソン。確かにアンタだな。まあ、間違いはねえさ。写真が載ってるんだから」
 彼女が見せたのは、まだ折れ目もさほどついていない新聞。片隅の文字にははっきりと書いてある。『銀行強盗』『店員が撃たれて死亡』『容疑者はルーカス・ハンソン。警官に射殺される』
 そして、自分の黒人特有の肌がモノクロでもはっきり分かる写真。
「お……ああ……」
 言葉にならない。
「じゃあ、ここは何処だ!? 何処なんだ!?」
 絶叫する。自分は何処にいるんだ? どうしているんだ!?
「ここは―」
 着物の少女が言いかける。
 その先がいきなり続けられた。
「ここはヴァルハラ。天上の戦場よ」
 奥から出てきた白人女。三十路に入ったばかりか。ブロンドがやけに眩しい。
 はは……と乾いた笑い。
「つまりはあの世か」
 三十路の女が頬に手を当てる。
「そうとも言うけれど、ここは入口に過ぎないわ。そして、あなたがここですることは一つだけ」
「ざ、懺悔でもしろってのか」
 ふふ、と小さな笑い声。
「それは教会の仕事よ。見てわからないかしら? ここが何の店か」
「何の……?」
 どう見ても、アメリカンカントリーの店だ。
「この店の品物から、好きな商品を選びなさい。深く考えなくていいわ。お代はその結果次第よ」
 そう言われても、こんな可愛らしい店に、ルーカスの望む何があるというのだろう。
 一面に並べられた、ぬいぐるみやオルゴール、キーホルダー。どれをとってもルーカスには縁のないものだ。
 まだ本人は気づいていないが、ルーカスは「商品を選ぶ」ことを受け入れている。その時点で、飲まれている。
 そして、ようやく見つけた。
 ゼリービーンスや、キャンディ、チョコレートなどが並んである棚を。
 人形型のジンジャーブレッドを手に取る。
「これをくれ」
 白人女は微笑む。
「そう、それがあなたの選んだものなのね」
 何か、含みのある言い方だ。
「それは、あなたのためのものなのかしら?」
 そうに決まっている。ルーカスの人生には、ひとのために物を買った事など、ありはしない。いつだって、自分のために買い、盗んできた。
 頷くと、白人女は自己紹介を始めた。
「挨拶が遅れたわね。私はサマンサ。ここの店長をしているわ。あなたと同じアメリカ人よ。あの赤毛の子も同じ、アメリカ人でエミリー。あの東洋人の子たちは、中国人の方が紅玉(ほんゆい)、日本人の方が依子。三人とも優秀な店員よ」
「いえ……そんな事は」
 依子が控えめに否定する。
「さて、この場所とあなたの行く道をお話しするわ」
 それこそ待ち焦がれていた事だ。だが聞くと、ルーカスは後悔した。
「ここがヴァルハラであることは言ったわね。ヴァルハラとは、やがて来る世界の終りの後、新たなる世界で覇権を握るため、各国勢力が永久の戦争をしているところなの。国々は、たまに手を組んだり、よく殺し合ったりしながら、世界の終りを待っているわ。あなたは、この戦争に強制的に参加させられるってわけ」
「ウソだろ……」
 唇が渇く。
「逆に質問よ? 何もかもすべて失くしている、そう、命さえも失くしているあなたを騙してなんになるのかしら」
 何も、言えない。
「そして、あなたには選択肢が二つあるの。これはとてもラッキーな事よ」
「ふ、二つ」
「そう、二つ」
 サマンサが二本指を立てる。
「一つは、アメリカ領に行って、アメリカの国のために兵士になること」
 兵士。
「もう一つはね、実はソ連からアメリカ人を紹介してくれって話がきてるの。KGBの一員として、ソ連のスパイになるって道もあるのよ」
 スパイ。
「待ってくれ。ソ連はとっくに崩壊したはずだ」
「ええ、そうね。現世では」
 くるりと、エプロンが回る。
「だから、ここでのソ連人は容赦がないわよ。一度は失った国を、新たな世界で作ろうと躍起になってる。凍らない港を欲しがっていた現世の五倍怖いわね」
 体をすくませたルーカスに、ふふ、とまた笑い。
「冗談よ。まあ、現世とは時の流れ方が違うと、知っておけばいいわね」
 ルージュを塗った唇が動く。
「さあ、如何する?」
 待ってくれ。考えさせてくれ」
 ルーカスはようやくそう言った。全く頭がついていかなかった。ただ、分かるのは。
 どっちも嫌だ。
という事だ。
「すぐに決断できない男は魅力に欠けるある」
 紅玉がため息交じりに言うのを、依子が
「いえ、初耳でしょうから、仕方がないと思いますよ。お気になさらないでくださいね」
とフォローする。
「まあ、どうせ、来てからKGBに連絡打つつったし」
 あくび交じりのエミリー。
 どうしても、なのか」
「どうしても?」
 ルーカスは両手を開けて叫んだ。
「どうしても、そのどちらかにしないといけないのか!?」
 サマンサはすっと指を突き出した。
「第三の選択肢は自分で考える事ね。まあ、あればだけど」
 そして、時計を指さす。
「今は午後三時。午後七時まで連絡は待つわ。さあ、考えなさい。四時間で。あなたのもう一度の人生をどうするのかを」
「店の奥にダイニングがある。そこでじっくり考えな」
 エミリーの言葉に魔法にかかったように従い、店の奥へと入って行った。

 ダイニングもやはり木造のデザインだった。
 しかし、そんな暖かさを感じる余裕はない。
「大したものではありませんが、お召し上がりください」
 依子がコーヒーを持ってきた。薄いが、きちんと豆から淹れてある。
 しかし、味などしなかった。
 後四時間―。
 後四時間で、人生が決まる。
 ルーカスに愛国心は無い。
 国のために命を捨てるなど反吐が出る。
 しかし、KGBも恐ろしい。スパイなんて務まる自信はない。
 ぐるぐると時計の針と頭が回る。
 コーヒーはどんどん冷えていく。
 スラムで生まれ、学も無く、金も無く、揚句、金に窮してマーケットに入って射殺された。
「ついてねえよ……」
 それしか出なかった。
 その時、懐に固い感触を思い出した。
 サタデーナイトスペシャルと呼ばれる、安価で小型の銃。
 今日、マーケットの店員を撃ち殺したそれ。
「これさえありゃあ」
 第三の選択肢もあるのではないか?
 ここにいるのは女ばかりだ。
 しかも非力そうな。
 つまりは、ここでこちらの世界の金を盗めば。
 そして逃げれば。
 このクソッタレた選択肢を排除できる!
 それを思いついた瞬間、ルーカスの心臓の鼓動は、暴れんばかりに早くなった。
「おい! 悪いんだが」
 大声を出すと、先ほどの日本人が落ち着いた様子でやって来た。
「如何なさいました?」
「いや、水を一杯貰いたくてな」
「はい。畏まりました」
 依子は無防備に流し台に立った。
 その背後から、飛び掛かった。
 肩を掴んで、銃を突きつける。
「大人しくしろ!」
 掴んだ肩は細い。
 第一段階は突破した!
 そう思った瞬間、ルーカスの視界はぐるりと回った。
 そして、全身を叩き付けられる衝撃が走った。
「!?」
 叩き付けられたのが床で、それは依子に投げ飛ばされたためだと、理解するのに数秒かかった。
「テンチョやはりこうなったよ」
「やれやれ、KGBにはまた次のを、だな」
 ぞろぞろと入ってくる、他の店員たち。
 がちゃり
 依子からはブローニングM1918A2通称BAR、エミリーからは両手のリボルバー、紅玉からは布の付いた匕首が向けられた。
 非力な女だと思っていた。それが、化け物じみた女だった!
「畜生、畜生、なんでこんなについてねえんだ。俺の何が悪かったんだよ!? 生きるために仕方がなかったんじゃねえか!」
 吠えるルーカスに、淡々とした言葉が告げられる。
「人が死ぬのに、理由なんて必要ないのよ。人は誰でも死ぬわ。そして、人を一人でも殺したら、いずれ誰かに殺されるという、死のリングに参加しないといけないの」
「我たちだって死ぬのはごめんよー」
「だけど、人を殺したら、嫌でも納得して死ななきゃいけねえ」
 紅玉とエミリーが交互に言う。
 そして、あなたは納得して死ぬことはできないでしょう。ですけれど」
 死にます。
 それがルーカスの最後の意識だった。
 発砲された弾丸と、切り裂く刃によって、ルーカス・ハンソンは二度目の死を迎えた。
 アメリカンカントリーの店のドアには、プレートがかけられた。
「ただいま清掃中。御用の際は呼び鈴を鳴らしてください。ヘヴンズ・ドアー」


                                                     了