小説

ハードボイルドダークファンタジー多め。銃と刃がrock 'n' roll! 超重量級の物語。 毎月最初の金曜日更新

弱虫

 小林小五郎は臆病である。
 平穏無事を願うあまり、冷血漢であることすら認められない。
 勇敢には人並みに憧れるが、実物を目にすれば人並み以上にみじめになる。
 しかし、この物語で彼はヒーローとなる。
 クールでやさしい、ヒーローとなる。
 こばやし こごろう 分類 露天商

 

 

 泥酔醒める。ひび割れた鏡をのぞき込む。
 裸の男が立っている。三十路の体はTシャツの痕がくっきり出、青白い部分には骨が浮いている。
 左胸を直視。嘔吐感。小林はトイレに駆け込んだ。
 心臓の真上に刻まれた、666の文字。
 胃の中のものを全部出す。トイレの壁にくずおれる。
「なんで、あんなことしちゃったかなあ……」
 回答なし。仕方なく自力で回想する。
 一週間前の昼下がりを、記憶はぐるぐる回転する。

 

「納君……あの……」
「何?」
 ほとんど「なぁにー」に近い発音だ。しかし、目の前に座っているのは身長188センチの大男である。
 しかしの連続。
 大男と言い切るには、年齢が足りない。
 図体のデカい少年である。
 四月に出逢ったころは、折れそうに華奢な美少年だったのだが……。
 ひと月と少し京都に行き。帰ってきたら、たくましく華麗な美青年になっていた。
 結局どうでもうつくしい。筋肉をしっかりと纏った肉体だが、その顔立ちにむくつけた雰囲気はない。左目を医療用眼帯で隠し、その上からさらに眼鏡を隠す。それでも隠し切れない美貌の持ち主である。どこか異国的な華やかさ。
 小林(こばやし)はどちらを問おうか迷った。
「ええと、そのね……」
 当たり障りのない方を問うた。
「その姿勢、つらくない?」
 七竈納(ななかまどおさむ)はこてんと首を傾げた。
「つらくないよ」
「そっか……」
 納の姿勢は、正座の脚を八の字にして、お尻をぺたんと地面につける座り方だ。グラビアアイドルがよくしているポーズである。
 小林がやるとつらい。まず、そこまで脚が長くない。股関節も硬い。見目も苦しい。
 だが、納がその姿勢をしているのは地べただ。一目で高級品とわかるスーツが砂だらけだ。ああ、もったいない。しかし、その言葉は出せない。小林は車除けのコンクリートを椅子替わりにしている。申し訳なくなる。
「でね、前のが擦り切れちゃったからね。蛍が作ってくれたんだけどね。ちゃんと男らしい?」
 そう言って差し出されたブックカバーは、金太郎飴が散らばった模様だ。金太郎飴。判断が難しいチョイスである。そもそも、もう文庫本が挟んである。広げる。「どくとるマンボウ航海記」北杜夫。聞いたことがあるような、ないような。
「ねえ、男らしい?」
 小林は答えにつまり、納の後方を見る。屈強な男たちがベンチの下敷きにされている。生きては……いる。
「ねえー、ねえー」
 なんで彼はこんなに、男らしさにこだわるのだろう。男の方が優れていると信じているのならわかるが、彼が下僕(しもべ)として仕えているのは女性である。
 メフィスト・フェレス。
 京都から帰ってすぐ。とある重要な話を、とある違法なご職業の皆様としに行った彼女。その彼女に無礼な言葉を吐いた男の首が、七竈納によって刎(は)ね飛ばされたニュース。現在、この十三番街でホットな話題だ。
 おい、俺は見たんだよ。あの”気球男”ジョセフが「なめやがって、このブスアマ」って言った口が閉じきる前にもう飛び出してさ。白刃一閃(はくじんいっせん)スパーンだよ。マジだってマジマジ。マジで転がった首の口が、閉じ切ってなかったんだぜ。言い終わってねえんだよ。言い終わる前にスパーン、だよ。だがよ、マジマジマジにふるってるのはそれを止めたメフィスト・フェレスだよ。血まみれの刀の血を払い飛ばして、”次”に向かおうとするのにぴしゃりと
「ストップ! ステイ! ハウス!」
 だぜ? その命令一つであの化け物、ピタッと動きを止めたんだよ。ありゃあ、あの女も化け物って噂はマジだ。化け物が化け物飼ってんだよ。おっそろしい。
「おっそろしいねえ……」
 小林は納の後方を見つめる。
 ベンチの下敷きになったボクサー崩れが気絶している。曰く、人を殴るのは好きだが減量は嫌いだ。プロだったころはジュースなんて夢のまた夢だった。それなのに、てめえはレモネードなんぞ売ってやがる! 死ね!
 納がたまたま買いに来てなかったら、この超俺ルールで死んでいたかもしれない。だけど……。
「タマタマを蹴り潰すのに、あそこまで心理的抵抗がないのは……」
「男らしい?」
「いや……どうだろう」
 男の方が躊躇(ちゅうちょ)する行為だと思う。しかも、その上にベンチを叩きつけてる。先に殺されかけたのは小林だが、やりすぎだとも思う小林である。
「ええと、ほら、よく五月人形に金太郎があるじゃないか。男の子の日だよ」
「そっかー。男らしいんなら、僕が持っててもヘンじゃないね!」
 うん。もっとヘンなことしてるからね、今。ほら、あそこの二人連れ、すごくこっち見てる。地べたにグラドルポーズで座ってるの見てる。
 小林の思考は方向を変える。こっちを見ている二人の服装。あれは神父とか牧師が着る服じゃないかな? おかしいな。まともな宗教関係者は決してこの街に入らないんだけど。なんでかは知らないけど。
 金髪の巻き毛に碧眼の壮年。茶と灰の中間色の髪にパープルアイの青年。西洋人。
 壮年が青年に話しかける。
「何をやっているんだろうね、アレ」
「気にすることはありません。そういう生業(なりわい)なんですよ」
 生業……。
 いやいや! 違いますよ!
 胸中で叫んだが、神父だか牧師だかはさっさと行ってしまった。冗談じゃない。買春じゃない。変態的趣味じゃない。誤解だ。それでも聖職者か。ひどいぞ。
「どうしたのー?」
 納は気にせず、レモネードを飲んでいる。小林はぐったりと車除けにくずおれる。
「いや……。別に。納君、それ、おいしい?」
「うん! すごくおいしい!」
 笑顔。
 顔だけで絢爛(けんらん)。
 それ、ただの黄色くて甘い水なんだよ……。
 さっきから言わないでおくことばかりの自分がつくづく嫌になる。
「ごちそうさまー」
「まいどありー」
 紙コップを受け取り、ごみ袋に入れる。日が落ちるまでの速度はやや上がったが、時間だけは夕方といった雰囲気。まだ商売は始まったばかりだ。
「納君、そろそろ帰らなくて大丈夫? 蛍君(ほたるくん)が晩ごはん作ってくれてるんじゃない?」
「うん! 今日はお魚! 焼いたの!」
「焼き魚好きだねえ……」
 ワゴンに積んだ氷の溶け具合が気になってきた。
 その時
「ねえ、小林さん」
 納が公園の反対側を指さす。
「あの人たち、さっきもいなかった?」
「ああ、うん。さっきから何度か見るね。新しく来た人かな」
 若い男と、イスラム教の女性がかぶってるアレで全身を覆った女。男の伸ばしたひげは、長く手入れされていないようだ。全体的に薄汚れている。難民だろう。この街には多い。その中に滞在許可を持っている者は、一人もいない。
「なんか、メモみたいなのを何度も見てる。迷子かな?」
「そうかもしれないね」
 若い男が何度もボロボロの紙片を見ている。女は祈るように両手をぎゅっと胸の上で組んでいる。二人とも一言も話さない。
 ずきり、と胸が痛む。しかし、小林はアラビア語どころか英語もろくに話せない。彼らの行き先を知っているとも限らない。そもそも、彼らは道に迷ってなんかいないかもしれない。そうだったら恥ずかしい。危険な連中かもしれない。そうだったら自分の身が危ない。面倒ごとに巻き込まれるかもしれない。いや、話しかけた段階でもう面倒ごとだ。
「そっか。やっぱりそうかもしれないんだ」
 オウム返しじみた確認をし、納はワイシャツのポケットに手を突っ込む。金属製のピルケースを取り出す。ごくん。錠剤を一粒、水なしで飲み込む。立ち上がる。すたすたと二人の元に向かう。
「え、ちょっと」
 動揺。背中に声をかける。が、そのころにはもう話しかけている。まさか、語学にまで堪能なのか。
「メイアイ、ヘルプ、ユー」
 驚。小林よりカタカナ英語である。たどたどしい。リスニングも苦手らしく。男が話すのを何度か「ソーリー。リピートプリーズ」と聞き返している。
 こちらを振り向く。大声で手まで振って問う。
「小林さーん! オアシスってハラールサンドイッチのお店知ってるー?」
「し、知ってるけど」
 場所も知らないで話しかけたのか! 恐れを知らなすぎる。こちらの驚きは気づかれない。納は笑顔で二人に言う。
「ヒー、イズ、ノウ、ディス、ショップ」

 

 もぐもぐ。
 夕焼けの気配が漂い始めた公園で、サンドイッチを頬張る。
「おいしいねー」
「うん……」
 鶏肉に大量の野菜。それにたっぷりのスパイス。それらがぎゅうとパンに挟まれている。サンドイッチはおいしい。最後の一口を飲み込む。納はまだ半分も食べ終わっていない。口に詰め込みすぎるせいで、かなりこぼしている。
 小林はワゴンをまた開店させる。「冷たいレモネードあります」黄色くて甘い水。酔っ払い向けのバッタモン。
 オアシスは、小林の自宅近所にあった。
 ビルの3階にあり、錆(さび)の浮いたらせん階段に看板がかかっているだけ。かなりわかりにくい立地である。同じ場所をぐるぐる巡るのもムリはない。
 この街唯一のコンビニの、向かいにある店。
 納はもう英語を使う気もなくして、「こっちこっちー」と手招きで道案内をして行った。
 一番道にくわしい小林が、一番後ろである。女は何度も振り返って、様子をうかがうそぶりをする。
 怖かったんだろうなあ……。
 とてもよくわかる。小林自身がボクサー崩れと同じ場所にいるのが怖くて、一緒に連れて行ったのだから。
 体調も悪いらしい。納の方を何度も見るが、足取りがかなり遅い。
 脳内を探って適切な言葉を探し。本当に適切か確認し。大きく深呼吸して問う。
「ハウワーユー?」
 彼女はしばらく黙って。
 アラビア語で「何を言っているかわからないわ」という意味の音声を発した。
 彼女の顔は隠されているが。
 小林は自分の方が全身を隠してほしいと思っていた。

 

 いつも素通りしていた看板。そこにマジックで書かれたアラビア語。
 歓声。若い男は女の手を引き、らせん階段を駆け上った。
 階段の途中で、店からも店主が飛び出してきた。吹き出すスパイスのいい香り。若い男そっくりの壮年。
 女は店主に抱き着き、激しく泣いた。
 そしてこちらに手を向けて、何事かをかすれ声で言い、また激しく泣いた。
 店主は早口で何か言い。店に飛び込み。サンドイッチを2つ持ってきて、小林たちに渡した。
 やたらに肩をどんどん叩かれた。
 ずっと早口のアラビア語でまくしたてるように喋っているのだが、何を言っているのかはさっぱりわからなかった。
 ただ、彼らは親子で、お互いに探しあっていたのだ。
 公園に戻ると、ボクサー崩れはもういなかった。
 小林はゴミ袋に、サンドイッチの包み紙を入れた。
 太陽はやっと、濃いオレンジに変わった。
 オレンジ色に染まった手のひらを見た。
 別れ際、オアシスの娘は小林の手をぎゅっと握った。
 お礼を言ったらしかった。
 声はあまりにかすれていて、ほとんど声になっておらず。手のひらはカサカサで熱すぎた。
 風邪だったのかもしれない。
 小林は、自分がつくづく嫌になった。
 納のことを、自分よりさらに憎らしく感じた。

 

<<空六六六ぷらす!>>

 

マリュースク「何故、七竈は私たちのことを呼び捨てにするのですか? それからいつの間にか数字がなくなっています」
ジョーイ「周囲の大人でって意味ね? メフィストは別として。ぷらす! の数字はかなり前からなくなってるのに今気づいたから、もうなしでいくみたいだ」
メフィスト「せやな。君ら、納に「お友達になってくれる?」って聞かれたとき、なんて答えた?」
マリュースク「私はあなたより目上です、だったような……」
ジョーイ「そこまでストレートではないけど、敬ってよ、的なことは言ったかな?」
メフィスト「せやろ。しかし、「さん」をつけられてる人の回答は」

 

小林『うーん、別にいいけど……』
中津『坊ちゃんが友だちか。いいねえ、俺も若返る」
コルメガ『いいよー。じゃ、まず僕のことは呼び捨てねー、あはは」

 

メフィスト「親しい大人の中で、そういう「大人の対応」をできる人は呼び捨てにしてへんのよ」

 



 令和元年7月7日